誰かが、どこかで、私の代わりに・・・。自分で蒔いた種は巡り巡って自分で刈り取らなければならない。

誰かがどこかで、私の代わりに・・パート2

誰かがどこかで、私の代わりに謝っている
自分が完了していない事
自分が頭を下げられなかったこと

一方で、
誰かが、どこかで、あなたの代わりに、お礼を言われている
誰かが、どこかで、あなたの代わりに、感謝されている

だから、目の前のことを
懸命に、感謝を込めて、やっていく

だから、目の前の人の言葉を
受け止めて、懸命に聴いてみる

マイナスもプラスもなく
全ては同時に起きている

良い、悪い
マイナス、プラス
受け入れない、受け入れる

全ては自分の捉え方で決めているだけ

自分が蒔いた種は、巡り巡って自分が刈り取らねばならない
それが、幸福の種でも、先送りの種でも。

今日の私の生きる一言
「目の前のことを懸命に、目の前の人に懸命に」
これで生きます 2016.1.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です